これからの子どもたちに求められる力 NO1

みなさまこんばんは⭐︎

今回は幼稚園で配布された新聞から、

日本の未来も担う子どもたちについて

書かれていたものを少し抜粋して

ご紹介したいと思います。

幼児期の教育が将来の人生に影響を与えることは、ノーベル経済学賞を受賞した

ジェームズ・ヘックマン博士の研究からも

すでに実証されています。

これからの子どもたちには、ロボットにはないもの=探求力、想像力、情操、道徳などの人間力、コミュニケーション能力がより一層求められます。

これらの力の土台を育んでいるのが、

乳幼児期の教育です。

「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」

として、文部科学省のしました新しい指針

①健康な心と体
②自立心
③協同性
④道徳性・規範意識の芽生え
⑤社会生活とのかかわり
⑥思考力の芽生え
⑦自然との関わり・生命尊重
⑧数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚
⑨言葉による伝え合い
⑩豊かな感性と表現

これらは、

乳幼児期に育つ根っこの部分になってきます。
こうした観点で、大人は子どもたちの成長をあたたかく見守っていきたいですね!

ふぁんふぁんアカデミーでは

⑩の豊かな感性と表現の力により力を

入れています。

次回につづきます♡

関連記事

  1. 子育ての先を見る👀長い【ものさし】で♪

  2. これから子どもたちに求められる力NO4

  3. ワタシが変われば現実は変わる

  4. 潜在意識の力を味方につけて 「幸せな人生を自分で創る」

  5. 胎内記憶ってなに?

  6. 寝る前は魔法の時間♪自分の為・子どもの為に有効に使って♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事