赤ちゃんの言葉の発達

【言葉の発達】

赤ちゃんはすばらしい能力を持っています。
嗅覚・聴覚などは特に大人以上あると言われています。

ママや周りの人が話しかけてくれる言葉を聞いて、少しずつ理解して話すようになっていきます。

イメージとしては、
“大きなバケツの中に、話しかけられた言葉を貯金して溢れ出たものが単語として出てくる”
と言われています。

2ヵ月くらいに
「アーアーウー」とお話が始まります。(なんて言ってるのかな〜?)

6ヵ月くらいから「アババババー」など濁音も出せるようになります。(いつの間にかの成長♡)

個人差はありますが、1歳過ぎから徐々に単語が出始めてきます。(早くおしゃべりしたいね♡)

ママは赤ちゃんに
意味のある言葉を話してあげること、

例えば
「大好きだよ〜」
「かわいいね 」
「大切な子だよ♡」
自分の思っていることや、

「お着替えしようね」
「おむつ替えるよ」
「ご飯作るね」
行動をそのまま言葉にしてあげると良いですよ。

他には、赤ちゃんが発した音を同じようにマネしてあげること、そこから発展させて今はまだ出せない音を出してあげることです。

「アーアーウー」と言う赤ちゃんに、「アババー アキャキャキャ」などと言って、

【楽しい!もっとおしゃべりしたい!】
という気持ちを盛り上げてあげると良いですよ。

近づいて口の動きをよく見せてあげたり、舌を出したりして遊んであげると発音にも効果的です。
鏡を見せるのもおすすめです。

赤ちゃんとの
お話楽しんでください♪

関連記事

  1. 子どもの体調管理で気をつけること

  2. 乳幼児期 は何をしてあげたら一番のプレゼントなるのか!

  3. おっぱい【 卒乳 】をどうすればいいかと思っているママへ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事